パニック障害をお持ちの女性が気をつけるべき、妊活中の注意点とは?

結婚して赤ちゃんを産んで幸せな家庭を作りたい、そんな夢を持ちながら、
一方で不安になるのが、持病です。

 

身体的な病気なら治療の仕方も明白ですが、心療的な病気ともなると、
妊活とどう向き合ってよいかわかりません。

 

突然不安になったり、動悸が激しくなったりするパニック障害では、
妊娠への期待と不安を持ちながら、妊活を続ける人もいます。

 

薬や環境もありますが、どのように向かい合って妊活を進めていけば良いのでしょうか。

 

パニック障害の場合、薬を飲むケースがあります。

 

この場合、妊娠初期の赤ちゃんに影響がある可能性があるため、
心療科と産科の両方へ相談することが必要となります。

 

もし軽度のパニック障害の場合は、薬を中断して体を慣らしながら妊活を進めることが多いようです
重度になるに従い、一時的にやめられる薬から中断していきながら、の妊活をするようです。

 

パニック障害に関わらず、薬は少なからず赤ちゃんの発育に影響を及ぼす可能性があります。

ただし、忘れてはならないのは、病気を持って薬を飲みながらでも、
健康な赤ちゃんを産んでいる女性はたくさんいるということです。

 

つまり、大事なのはお母さんの体が健康な状態を維持していることが、
赤ちゃんの発育に影響するということです。

 

独断で薬をやめたり、無理をして発作を起こすような状態で妊活をする方が、
もっとデメリットが大きいのです。

 

妊活,パニック障害

 

薬を飲むだけで、健康な体を維持出来るということは、とてもありがたいことです。
ですから、それを頭から否定しないでください。薬と病気と、医師とご家族と一緒に、
みんなでベストな妊活の方向性を探していきましょう。

 

もし幸運なことに妊娠することが出来たら、そのときはまた不安に襲われるかもしれません。

 

でもそれは、パニック障害のせいではなく、誰もが感じるマタニティブルーです。

 

ですから、あなたの不安のすべてが、パニック障害にあるわけではないことを覚えておいてください
むしろ、妊娠をきっかけに、症状が落ちつくケースも少なくないそうです。
健康なお母さんと健康な赤ちゃんのいる、幸せな家庭を想像して、暖かい気持ちで妊活をしてみてくださいね。