妊娠中の足のむくみの対策方法とは?

妊娠すると、体のあちこちに不調な部分が出てきます。足のむくみなどは、ほとんどの人が体験する悩みのひとつでしょう。特に、臨月にもなると、症状はひどくなって負担が大きくなります。
なぜ臨月になると、足のむくみがひどくなるのでしょうか。また、どのように対処すれば良いのでしょうか。

 

臨月に入ると、大きくなったお腹が下半身の血流を妨げることがあります。また、体重が増え重心のバランスが難しくなることで、外出の機会が減ると、運動不足に陥ることもあります。長い妊娠ライフは、ストレスがたまりますよね。これも足のむくみの一因です。

 

まずは、入浴時や足湯などで十分に足を温めてから、足首から膝に向けて、さするように手を滑らせていきます。アロマオイルや音楽を聞きながら行うことで、リラックス効果も得ることも出来ます。
足のむくみに塩分は禁物です。なるべく素材そのものの味を美味しく食べられる食事を心がけましょう。野菜や果物は、塩分の排出に効果があるので、積極的に取り入れたい食材です。
体に負担のかからない運動も必要です。天気の良い日に散歩をしたり、寝る前の軽いストレッチもむくみ解消になります。就寝時に足枕などで体より少し足元を高くすると、朝にはスッキリします。
体を締め付けない服を選びましょう。血流を妨げてしまいます。今ではお洒落なマタニティウェアもたくさんあるので、臨月でもお洒落を楽しめますね。

 

男性は絶対に経験出来ないし、女性だって滅多に体験することのない貴重な時間ですから、辛さを楽しみに変えて過ごしていきましょう!

妊娠中に役立つ葉酸を簡単にとれるベルタ葉酸サプリ